医療事務 難易度

今さら聞けない!医療クラークと看護師の違いについて

あなたは、医療クラークをどういう仕事なのかきちんと理解しているでしょうか…?「何となくわかるような気はするけど…ちょっと自信がない」そんなことはありませんか。今回は、医療クラークと看護師との違いについてご説明しましょう!

医療クラークとは医療事務のことで、メディカルクラークや病棟クラークなどとも呼ばれる事務員のことです。医療やメディカルなどといった単語が入っているので誤解をする人もいるかもしれませんが、医療行為を行える職ではありません。病院へ行った時、受付で対応してくれる事務員さんはこの医療クラークなのです。

結婚や出産をひかえた女性にとっては、復職のしやすい職として人気のある医療クラークですが、その安定性から看護師と医療クラークのどちらにするかで悩む女性は多いようです。どちらがおすすめなのかというと、全く業務内容の違うこれらの職を比べるのは非常に難しく、あえて医療クラークのメリットをあげるとするなら、夜勤がないことや院内感染のリスクが低い、残業もなく体力的にも比較的楽な仕事であるということになります。医療行為を行う看護師と、病院特有のシステムで請求書を作成する医療クラークは同列には語れません。給料についても当然看護師の方が高いですが、責任も重大な仕事であるといえます。

医療クラークの業務内容とは、受付や電話応対のほか、カルテの入出庫といった管理、会計、レセプトの作成といったもので、レセプトとは請求書のことです。レセプト期間と呼ばれる時期は非常に忙しく、臨時の職員を雇う病院もあります。病院では、診療内容や検査、治療、薬といったものが点数で表記されており、それを基に計算、患者との間で会計を行いますが、この際に健康保険証を使えばだいたい1割~3割程度の負担だけで、後は支払うことはありません。病院が、この残り7割~9割の収入を得るため、保険組合などに提出をしなければならないのがレセプトと呼ばれる請求書です。これを提出しなければ、病院は収入を得ることができませんし、ミスがあれば書類は戻ってきてしまうので、やはり収入を得ることができなくなってしまいます。このレセプトは前月分を翌月10日までに提出しなければならないため、月末から10日間程度は非常に忙しくなるのですが、これをレセプト期間と呼んでいるのです。

医療事務の資格があると看護師での就職が楽になるかどうかというと、小さなクリニックでは看護師と医療クラークの両方を雇わずに済むために、その可能性はありますが、看護師としての仕事をこなしながら締め切りの存在するレセプト業務を行うのはなかなか難しいでしょう。また、看護師としての給料は支払われたとしても、医療クラークとしての給料を通常通りもらうことができるとも限りませんから、准看護師の資格をお持ちの方が追加で医療クラークの資格も…とお考えの場合は、そちらよりも正看護師の資格を取ってキャリアアップを目指した方が現実的なのではないでしょうか。

病棟クラークに必要なのは事務経験じゃない?窓口対応アレコレ

病棟クラークとは、病院での受付や電話での応対、カルテの管理や出入庫、会計などの他に、レセプトという請求書を作成する事務員のことです。医療事務、医療クラーク、メディカルクラークなどとも呼ばれます。聞きなれない言葉ですが、レセプト業務とは診療内容や検査、薬といった病院で行う治療全般を点数で表したものを基に計算、請求書を作成する業務のことです。通常、病院で健康保険証を提示すれば、1割~3割の負担で済むため全額を支払う必要はありません。この残り7割~9割を保険組合に請求するわけですが、その際にレセプトが必要となります。レセプトを保険組合に提出しなければ、病院側に報酬は支払われませんし、レセプトにミスがあった場合は再度の提出が必要となり、完了するまで病院は収入を得られないわけですから、経営していくことが難しくなってしまいます。そのうえ、前月分を全て翌月10日までに提出するため、月末から10日間ほどはレセプト期間と呼ばれ、大変忙しくなる時期です。

このように、専門知識を必要とする病棟クラークですが、意外なことに、窓口対応での重要性も非常に高い職なのです。窓口対応は、患者さんに対し、最初と最後に対応を行う大切な業務で、病院の顔ともデリケートなポジションとあります。病気のため、不安な気持ちで来院する患者さんの不安を和らげられるような存在であるべきですし、当然笑顔で気持ちのよい対応が求められるのです。また、効率よく必要な作業をこなしていくことで、患者さんの待ち時間を減らし、負担を軽くしてあげることも大切な役割となります。患者さんにとって、待ち時間が短くなるのは病院への印象を大きく変えることになるでしょう。

それでは、基本的な窓口対応の流れをご説明します。初診の場合、問診表などに氏名や住所、生年月日、性別といった個人情報、本日の体調や来院理由、場合によっては今までにかかった病気やその症状、飲んでいる薬なども記入してもらうことになるでしょう。その後、健康保険証をお預かりし、診察券やカルテを作成し、診察室へと患者さんを案内すれば、患者さんの対応は医師や看護師にバトンタッチとなります。再診の場合は診察券を受け取り、カルテを準備、診察室へと患者さんを案内することになりますが、月初であったり、前回の来院から月が替わっていれば健康保険証を確認しなければいけません。また、場合によっては健康保険証の記載内容が変更されていることもあるので注意です。健康保険証は、患者さんの職業などにより種類は様々で、医療費の負担の割合なども異なるため、慎重に確認する必要があります。受け取った健康保険証は、基本情報である氏名や住所、生年月日、性別といった個人情報だけでなく、保険証番号と記号、その健康保険の種類や取得年月日などをコンピュータに入力し、カルテを作成するのです。健康保険証の確認は、市町村や健康保険組合などにより義務付けられています。

病棟クラークに問われるのは、事務としての経験ばかりではありません。クレームを受けることもあるかもしれません。そういった時、患者さんを思いやる気持ちも必要となります。窓口対応とは、誠実な人柄も問われる病院のシンボル的な存在なのです。身だしなみにも、今まで以上に注意が必要でしょう。

ほとんど知られていない、薬局事務と医療事務の違いって?

安定した職業として人気のある医療事務ですが、あなたはその業務内容をご存知でしょうか。また、あちこちで見かけるようになった薬局事務とは何が違うのでしょうか。

そもそも薬局事務とは、調剤薬局で働く事務員のことで、薬代の計算やその明細を作成する仕事です。この明細をレセプトといい、このレセプトの作成が主な業務で、対象となるのは薬剤のみとなります。その他に、処方箋や健康保険証の確認、カルテのような書類の管理や会計を行い、場合によっては薬剤師のサポートをすることもあり、基本的には外来患者の相手をするのが仕事です。

医療事務とは、病院やクリニックなどで働く事務員のことで、診察、検査、薬などといった治療内容の全てに関わるものを対象としてレセプトを作成します。また、病院の受付や電話応対、カルテ管理や会計を行い、場合によっては医師や看護師のサポート、清掃のような雑用を行うこともあるのです。基本的には、外来患者や入院患者の相手をするのが仕事となります。

医療事務に比べ、薬局事務は薬剤のことだけを学習すればいいので、医療事務よりも難易度が低いといわれています。そのため、いきなり医療事務を目指すのではなく、まずは薬局事務の資格を取得してから…といった方もいるので、不安であればこちらから始めてみるのもいいでしょう。ただし、カルテの内容から情報を読み取る医療事務に比べ、処方箋の記載内容だけで薬剤の情報を読み取らなければならない薬局事務も、決して楽な仕事というわけではありません。

職場が全国のあちこちにあり、自分の条件に合わせて選びやすいこと、結婚や出産などで仕事を離れることになった後も復職がしやすいといった理由により、女性に特にオススメの職ではありますが、更に嬉しいのは資格が比較的簡単で、すぐに取得できるという点ではないでしょうか。費用も比較的安く済みます。

どちらの仕事も専門知識は必須ですが、実は資格は持っていなくても働くことはできるのです。ですが、資格を持っていることは就職でも有利になりますから、メリットを考えれば取っておいても損はありません。同じ条件であれば、資格を持っていない人と持っている人、どちらを採用するか考えてみてください。そういった時、この資格はあなたのことを助けてくれるかもしれません。また、資格取得後は、なるべく早く実務経験を積んでおきましょう。これは、資格の有無よりも実務経験の求められる職であることがその理由で、資格がなくても経験があるという場合は採用されやすくなります。

薬局事務講座、医療事務講座ともに、教育訓練給付制度の対象となっておりますので、講座が終了した後、学費の20%が戻ってきます。講座を申し込んだ時点で、雇用保険の加入期間が通産で3年以上で、なおかつ空白の期間が1年以内であることが求められます。もしくは、初回であれば通産で1年以上、または退職日から1年以内であれば受給は可能です。雇用保険の加入状況はハローワークで直接問い合わせてみてください。

ほとんど知られていない給付金をもらって医療事務専門学校に通う方法

医療事務といえば、資格を取れば就職に有利なうえ安定した、就業条件の選びやすい仕事として人気があります。結婚や出産で長く勤めた職場を離れ、家庭などのある状態で復職したいといった際に便利で、特に女性から支持されている人気の資格の一つです。この医療事務、なんと給付金をもらいながら専門学校に通う方法があるということをあなたは知っていましたか?勿論、専門学校には無料で通うことができます。テキスト代などは自分で負担しなければなりませんが、そんなに高いものではありません。

全国のハローワークにて、求職者支援訓練を格安で受講することができる制度があります。ただし、対象となっている資格があり、何でもいいというわけではありません。例えば医療事務以外の資格取得講座として、介護職員や簿記、パソコン教室などがあり、就職活動の役に立つものばかりです。医療事務関連の資格としては、メディカルクラーク認定試験、診療報酬請求事務能力認定試験、医療事務管理士技能認定試験といったものが存在します。また、この制度の対象となる人についても限られており、職のない社会人、なおかつ雇用保険に加入していない人がその対象です。転職中の人、フリーター、主婦などのことを指しています。

更に、無料で講座を受講しながら給付金までもらえるような場合もあります。これにも条件がいくつかあり、職のない人でもきちんと講座を受講することができるようになっているのです。具体的には、収入が8万円以下で、資産や年収が300万円以下、講座への出席率が80%以上であるといった条件となっています。

求職者支援制度は民間業者に委託されているため、その手続きはハローワークでしなければなりませんが、行政関連の教育機関で学べるというわけではありませんので注意が必要です。また、いつでも受講を開始できるわけではなく、民間業者の決めた開始日があり、希望すれば必ず支援が受けられるというものでもありません。講座の内容もまちまちで、中には内容の薄い教育機関も存在するのです。書類などを提出し、面談を行ったうえで決定されますが、募集人数に限りがあります。民間業者の開講している講座には、受講料を支払って講座を受ける生徒もやって来ますので、求職者支援制度対象者の枠が少なくなってしまう可能性もあるのです。中には3倍を超える受講希望者が集まったというところもありますが、地域や講座内容によってその倍率は様々。講座は主に、3ヶ月程度のものとなります。

求職者支援制度で医療事務の資格を取ったら、普通に取得した場合よりも就職が有利になるなどといったことはありません。制度の申し込みには、ハローワークが窓口となっているため勘違いされる人もいるかもしれませんが、あくまで資格取得の支援をしてくれるというだけで、職を斡旋してくれるというわけではないので注意が必要です。詳細を知りたくなったら、是非お近くのハローワークへ問い合わせてみてくださいね。

倍率の高い病棟クラークについて、今すぐおさえたい5つのポイント

医療事務の資格は、長期に渡る人気資格上位の座を獲得し続けるほどのブームで、その求人倍率も非常に高いものとなっています。近年、医療事務は非常に魅力的な職業であるという認識が高まってきています。倍率の高い病棟クラークについて、5つのポイントをおさえておきましょう!

日本は高齢化社会のため、医療機関が増え続けているというデータがあります。医療機関が増えれば、レセプト業務を行う病棟クラークという存在は必ず必要です。レセプト業務とは、病院が保険組合などから報酬を得るために提出しなければならない明細書のことですが、提出期間があるうえ、レセプトの作成には専門知識が欠かせません。医師や看護師が片手間に行えるような作業ではなく、どうしても専門の事務員を雇うことになります。また、受付や電話応対、カルテ管理、会計などといった業務もありますから、病棟クラークがいなければ医療機関の経営は回らないというわけです。

病棟クラークの倍率が高い理由としては、資格取得者が大変多く、医療事務職員になりたい人がたくさんいるためです。運良く就職できたとして、なかなか仕事を辞める人がいません。と、いうのも、職場が病院であるため決まった曜日にきちんと休みやすく、倒産の可能性も低くて安定した職です。資格の取得も比較的簡単で短期間で済むこと、需要自体も多いために転職や就職をしやすいといったメリットもあり、注目を集めています。また、女性が結婚や出産をしていくうえで、家庭の事情に折り合いをつけながらも復職のしやすい、大変魅力的な職であるという理由も大きいでしょう。中には、医療関係者との結婚で、裕福な生活を望む若い女性も多いようです。そして、医療事務講座を提供している教材メーカーが、積極的に宣伝活動を行ったことも背景にあります。

病棟クラークの主な大切な業務の一つに、受付があります。病院の顔ともいうべき存在なわけで、デリケート問題も含む接客業のようなものと考えればいいでしょう。勿論、大切なのはコミュニケーション能力やマナーです。もし接客業の経験などがあれば、それも履歴書にきちんと書くようにしておいてください。

なかなか採用されない…そんな理由の一つに、実務経験がないことがあげられるでしょう。病棟クラークは、資格の有無よりも実務経験の有無を重要視する傾向のある職業となっています。医療事務は、専門知識さえあれば無資格であっても就業可能な民間資格です。最初から無理に正社員を目指さず、派遣やアルバイトなどで実務経験を積み、あらためて正社員の求人に応募する必要があるかもしれません。また、資格取得後はできるだけ早急に仕事を決め、実務経験を積んでおいてください。

求人の多さ、その需要でいくなら、やはり介護や福祉の分野でしょう。人手不足のため、ホームヘルパーの資格があれば、比較的就職もしやすいうえに勤め先もたくさんあります。確実性を考えるなら、病棟クラークよりも介護や福祉分野がおすすめかもしれません。

メディカルクラークするなら病院勤務?在宅ワーク?オススメはどっち

メディカルクラークの仕事が女性、特に小さな子どもをお持ちのお母さん方におすすめなのは、やはり働き方がいろいろ選びやすい、医療事務ならではの特徴がその理由なのではないでしょうか。アルバイトや正社員だけでなく派遣という方法もあり、残業をしてしっかり稼いだり、決まった時期や短時間だけ働いて、家庭と両立させるといったことも可能です。専門的な知識を必要とする、メディカルクラークという仕事の魅力の一つでもありますね。資格を取得して、まず考えるのがどこでどんな風に働くかということだと思いますが、そういった時に候補の一つとして上がってくるのが「在宅ワーク」という言葉なのではないでしょう。自宅で、しかも手が空いた時にできる在宅ワークという働き方は、小さな子どもを持つお母さんとっては本当に素晴らしい方法なのではないでしょうか。子どもを預けて働くのもお金がかかりますし、大変です。ですが、この在宅ワークにはおすすめできない理由があるんです…。

普通の事務職とは違い、専門的な知識を求められる医療事務という仕事は、給料が高く安定した職場の多い傾向があります。また、職場が病院なわけですから、決まった曜日や時間にきちんと休みをもらえるというのもあり、家庭を持った女性にとっては特に人気のある仕事です。資格を持っていることで就職に有利になったり、復職がしやすかったりと、仕事の幅も大きく広がります。すでにいくらか経験を積んでいるなら、レセプト期間と呼ばれる短期の間だけの臨時勤務での雇用の可能性もあるなど、なかなか家を空けていられない主婦やママにとって非常に便利な職場です。一般的に医療事務と呼ばれますが、最近はメディカルクラークや医療クラークなどとも呼ばれています。

そもそも、メディカルクラークの仕事とは、病院の受付や電話応対、カルテ管理や会計、レセプト作成などですが、このレセプト作成が医療事務の豊富な雇用形態に深く関わりがあります。メディカルクラークの在宅ワークといえば、このレセプト業務のことを指しているわけ

ですが、レセプト業務は在宅で行うことができない可能性が高いといえるでしょう。と、いうのも、レセプトに関連した業務は、保険元である医療機関の管理の下で行わなければならないと決められており、そのデータを持ち出すことはできないようになっています。そのため、レセプト業務が外部に委託されるということ自体があまり考えられないのです。在宅ワークの斡旋業者は禁止された、レセプトを家に持ち帰って行う在宅ワークの求人を行っているわけですから、もしかすると医療事務関連の資格教材の販売などを行うような業者である可能性があります。また、もし医療事務の在宅ワークが実際にあったとしても、あまり稼げないのでは意味がありませんよね。せっかく取った資格なのですから、それでは少々もったいないのではないでしょうか。

以上が、メディカルクラークとして働くのなら病院やクリニックなどの医療機関での勤務をおすすめする理由です。正社員での長時間、残業ありの勤務などができないのであれば、アルバイトや派遣といった勤務形態での就業も一つの手です。医療事務の資格は、実務経験さえあれば一生モノの資格です。メディカルクラークという仕事は、資格の有無よりは実際の経験を重視する即戦力型の職種となります。全国どこの医療機関であっても、レセプトの作成方法は変わりませんから、その点からいってもメディカルクラークは非常に役に立つ資格の一つです。せっかく勉強して取ったのであれば、まずは経験を積み、資格を長く活用できるように目指しましょう!

まずは知りたい費用のこと、メディカルクラークになるには

安定した職で長く働ける、就職に有利になる、復職がしやすいといった理由でメディカルクラークはあらゆる世代の、特に女性に人気があります。メディカルクラークとは医療事務のことで、その主な仕事は病院の受付、電話応対、カルテ管理、会計、レセプト管理などがありますが、小さなクリニックではちょっとした清掃や医師や看護師の助手といったようなことまでこなす場合があります。病院の診療時間よりも前から準備をし、診療が終わった後はレセプト作成を行うなど、朝早く夜は残業がある場合も…。特に、月末から翌月の10日までは、保険組合に提出するためのレセプトを用意しなければなりませんから、更に残業時間が増えることもあります。ただし、日曜や祝日などはしっかり休めることが多いですし、逆に月末から翌月の10日まで、忙しい期間だけ臨時で手伝うといったような、副業としての働き方もできるのです。また、就業形態が派遣であれば、あまり残業をさせられることはないともいわれています。メディカルクラークの業務の中で特に重要であるといわれているレセプト作成業務ですが、これは病院ごとで作成方法が変わるわけではありませんから、全国どこの病院でも同じように働けること、勤務地も多く需要があること、働く時間が選びやすく、資格を取れば一生モノであるという点が、医療事務という資格の人気の理由です。資格を取るにあたって、条件なども特にありません。

それでは、メディカルクラークになるための資格はどうやって取ればいいのでしょうか。また、一体どのくらいの費用がかかるのでしょうか。

まずは独学で行う場合です。これには、テキストなどを購入して自力で勉強する方法と、通信講座を利用する方法といった方法があります。自分で問題集を購入した場合、当然費用はその本代だけで済みます。他の方法に比べて非常に安価ではありますが、ある程度決まった期間で資格の取得できる通信講座に比べ、なかなか資格が取れないといった可能性も出てくるでしょう。

次に、通信講座を利用する場合ですが、医療事務は民間資格ですので、どういった団体の講座を利用するかで費用は大きく変わってきます。通信講座では、5万円程度を目安に考えるといいでしょう。印刷物だけであればあまり高額にはならないかもしれませんが、映像やインターネットでのサポートが付く場合もあり、高額になる可能性もあります。たいていは、講座終了後に試験を受けられるようになっており、中には1ヶ月に1回と頻繁に資格試験を行っているような講座もあるので、勉強を始めたらすぐに資格を取得することができるのは魅力的です。

最後に、専門学校を利用する場合についてです。これは勿論、他の方法に比べて高額な費用が必要となり、高いところでは30万円といったものまで存在しているようです。ただし、期間や回数は本当に様々で、1ヶ月程度~半年のところや、10回や20回といった回数制になっているところなどがあり、期間や回数の短いところであれば数万円で資格取得できる可能性もあります。資格取得後の就職サポートについても、通信講座より手厚いと評判です。

この他に、認定試験の受験料がかかることになります。これは、試験によってかかる費用が異なりますが、1万円以下と考えていいでしょう。また、細かいところでは試験会場への交通費や、専門学校であればそちらの交通費も別途必要となりますから、それぞれの方法を比べてみて、ご自身に一番あった方法を選択するようにしてください。

副業にピッタリなメディカルクラークについてもっと知りたい!

小さな子どもがいるお母さんなら、副業を考えたことのある人は多いのではないでしょうか。また、子どもが少し大きくなってきたら、今度はパートにでも出てみようかな…なんて考えることもあるかもしれませんね。でも、フルタイムでの勤務は難しいし、週5で働くのは厳しいんだよね、などなど。家のことも子供のこともしなければいけないお母さんは大変です。でも、そんなお母さんにピッタリの副業がメディカルクラークなのです。

メディカルクラークとは、医療事務のことで、安定した職業ということで女性に人気のある仕事の一つとなっています。資格も比較的簡単に、短期間で習得することができ、勤務地が非常に豊富であるのも魅力の一つですが、医療事務は副業にもオススメなのです。メディカルクラークの仕事は、病院の受付、電話応対、カルテ管理、会計などの他に、レセプト作成と呼ばれる作業があります。診察や検査、治療の内容ごとに点数がついており、その点数を計算し、その請求金額で会計を行うことを診療報酬請求といいますが、これはレセプト作成になくてはならないスキルです。レセプトを作成するためにはある程度専門用語の知識が必要となるうえ、月末から翌月10日にかけて、このレセプトを健康保険組合に提出するために仕上げなければなりません。病院は、このレセプトの提出により収入を得ているわけですが、もしレセプトにミスがあればこれをもらうことができません。病院にとって欠かすことのできないレセプト業務は毎月行われており、その時期はメディカルクラークの一番忙しくなる時期です。そのため、月末だけパートや派遣などの臨時職員で人数を増やして対応している病院もあるくらいです。

この、診療報酬請求についてもう少し詳しくご説明しましょう。病院で会計をしてもらう時、健康保険証を提示すると1~3割程度の金額負担で済みますが、病院は残りの7~9割を健康保険組合などに請求し、支払ってもらわなければなりません。その際、1ヶ月分をまとめて計算し、前月分の内容を10日までに提出するというわけです。

病院は毎月、決まった期間にパートや派遣のアルバイトなどでメディカルクラークを増員するわけですから、これを副業にすれば、月に10日程の勤務で収入を得ることができます。毎月決まった日だけ、何日か働けばいいのですから家庭との両立もしやすい副業です。また、業務内容はレセプト作成に絞られていることが多く、雑用を任される可能性はぐんと減ります。そのうえ、病院や地域ごとに作成方法が異なるということはありませんから、勤務先が変わっても問題はありませんし、掛け持ちをすることも不可能ではありません。

メディカルクラークの仕事は資格を持っていなくてもできますが、レセプトを作成するための専門知識は必須です。受験資格は特になく、民間の団体が認定している民間資格ですから、講座によっては毎月試験を行っているところもあるため、短期間での習得が可能となっています。取得方法は講座だけではなく、テキストを購入して独学で行うこともできますが、専門学校も存在しますから、ご自身にあった方法を選ぶといいでしょう。また、比較的簡単であるともいわれており、若干の費用はかかりますが、資格は一生モノです。就職に有利になり、長く使える需要の高い資格として、特に女性に人気があります。資格取得後はすぐに実務経験を積んでおくことが、メディカルクラークの資格を一生モノにするコツです。病院は資格の有無よりも、実務経験の方を重視しますから、たとえ資格を所持していても未経験では意味がありませんので注意が必要です。

医療クラークの残業について、みんなが知りたいこと

実際に残業がある仕事なのか?まずは気になりますよね。残業が多い、辛い、大変、難しい、激務といった内容を耳にしたことがある方もいらっしゃるかもしれません。気になる皆さんのために、医療クラークの1日のスケジュールをご紹介しましょう!

医療クラークは朝の早い仕事です。午前中の受付開始時間が9時前後だったとしても、その前に清掃をしたり、会計の準備や朝礼などが必要となれば、早い人では7時に出勤なんてことも…。特に新人であれば、清掃などの雑用を任せられる場合もあります。こういったことを、7時~8時の間に済ませるのが朝の最初の仕事です。

医療クラークの主なお仕事は、受付、会計、レセプトといったもので、これはほぼどの病院でも変わらないでしょう。8時~9時までには朝礼を済ませて、病院の受付が開始します。そして、ここから12時までの間に受付や会計、レセプトといった業務を行うことになるわけですが、残業に関わってくるのはこのレセプトの作成です。

12時~13時は交代でランチの時間を取ることになります。それから、今度は午後の診療が始まるのです。引き続き、受付、会計、レセプトの作成を行いますが、夕方になるとカルテの整理などを始め、片付け作業に入ります。そして、17時~18時頃には精算を行いレジを閉めるわけです。清掃などもして、ここまでで通常の業務は全て終了します。ここから先は、前述のレセプト業務により残業は必須です。終業より前の時間で締め切ることはできませんから、終業間際に発生した案件によりどうしても残業をしなければいけなくなります。特に、レセプト期間といわれる時期には非常に忙しくなります。

レセプトとは患者1人につき、月に1枚作成する明細書のことで、病院はこれを健康保険組合などに提出しなければなりません。毎月10日が締め切りとなっており、前月のレセプトを作成し、提出を行うことで病院は収入を得ています。そのため、月末から翌月10日までに終わらせなる必要があるのです。レセプトを作成する際、病名をつけなければなりませんが、医療クラークはこれを行うことができませんので、そのようなカルテが出てきた場合には医師に病名をつけてもらうよう依頼しなければなりません。また、レセプトに間違いが見つかれば、健康保険組合などから戻されてしまうため、ミスが許されない業務です。レセプトが戻ってきてしまった場合には、当然病院には報酬が支払われません。レセプトコンピュータの普及により作業負担は軽減されましたが、レセプト期間であっても診療は普通に行われているわけですから、通常の業務に加え、更にレセプト作業を追加で行うこととなります。大きな病院であればあるほどレセプトの数は増え、大変な作業となりますが、歯科の場合は外部に委託をしている場合がほとんどですので、科によってはレセプトによる残業はありません。また、就業形態が派遣であれば、残業をしなくてよい可能性もあります。小さな子供がいるなど、あまり時間が自由にならないという方は、派遣での就業を検討するという手もあるのではないでしょうか。

このように、なかなか大変なお仕事ではありますが、年末年始やゴールデンウィークといった祝日や、日曜日に確実にお休みを取れる可能性の高い、魅力的な職種であるともいえます。また、患者さんとのやり取りの中で、やりがいを感じることも多々あることでしょう。医療クラークは思いやりがあって、誰かの役に立ちたいという方にはうってつけのお仕事かもしれませんよ。

医療クラークになるために必要な志望動機の3つのフレーズ

未経験から始める医療クラークでは、どうしても志望動機がぼんやりしてしまいます。そもそも、事務仕事をなぜ選んだのかと言われると…やりがいについて考えてみても、なかなか思い浮かばないのはよくあることでしょう。接客業などに比べ、志望動機にヤル気を見出すのが難しいのが事務職です。漠然とした志望動機は、どうしても説得力を感じられません。

それでは、医療クラークの志望動機で絶対に押さえておきたいポイントは一体何でしょうか。まず「なぜその病院を選んだのか」ということ、更に「医療クラークを選んだその理由」です。当たり前だと思われるかもしれませんが、このポイントをガッチリ押さえることができれば、企業にとって魅力的な志望動機を書くことができるのです。具体的に使える3つのフレーズをご紹介します!

病院に興味を持ったことをPRするフレーズ
最初に、なぜその病院を選んだのかということについて、少しじっくり考えてみましょう。通勤に便利…自宅から近い…すぐに思い浮かぶのはこんなところでしょうが、これだけではやはり魅力に欠ける志望動機であると言わざるを得ません。近ければどこの病院でもよいという印象を与えがちです。例えば「貴院の素晴らしい考え方に感銘を受けました」や「地域の医療に貢献している姿勢に共感しました」「最新の医療を取り入れているところに魅力を感じました」といった内容で、その病院のセールスポイントに影響を受けた旨を盛り込んでみましょう。そのためには、病院のホームページを見たり、実際に病院へ行って雰囲気を見てみるなどするのが効果的です。

コミュニケーション能力をPRするフレーズ
医療クラークとは、事務員でありながら非常にコミュニケーション能力の重視される職場です。特に、受付業務は病院の顔とも言うべき存在なわけですから、コミュニケーション能力を重視するのも頷けます。あなたも病院へ行った際に、受付職員の対応について、色々と感じたことがあるのではないでしょうか。そのため「接客の経験があります」というフレーズは武器になります。

患者の役に立つことをPRするフレーズ
自分の地元の病院で働くなら、重要なのは地元に貢献したいという考え方です。また、病気で困っている人が多くやって来るわけですから、患者に優しく接することも必要です。何も考えずに、作業のように対応していれば自然とそうなってしまいますが、相手の立場に立つことを忘れないようにしなければいけません。繰り返し同じような内容に対応をしていると、ついつい雑になってしまいがちですが、病院側が求めるのは、優しい気持ちを持ち続けられる人なのです。自分自身が病院へ行った際の出来事などを簡単に説明し「その際に感じた気持ちのよい対応を心がける」旨を記載するといったように、あなたのできる、実際に患者の役に立てる方法をアピールしましょう。

志望動機とは、その人がどのような人であるのかを判断する重要なポイントとなります。言葉遣いや印象について、またはその人の考えていることについて、イメージをするための最初の出会いなわけですから、非常に重要な文章であるといえるでしょう。意識を高く持って仕事をするためには、やはり使命感が必要です。医療事務における使命とは、病気の治療を行う際に不安を解消するための手助けをしたり、患者の健康、また時には亡くなった場合の医療費で給料が支払われていることを忘れないようにすることなのではないでしょうか。医療クラークとは単なる事務職員ではなく、医師や看護師が患者を助けるためのするサポートを行う大事な仕事であるといえるのです。