一般事務と医療事務の違い

一般事務と医療事務の違いについてみんなが知りたいこと

医療事務というお仕事をご存知の方は多いと思いますが、一般事務と同じようなものだと考えていませんか?働く場所がオフィスか病院かの違い…だけではありません。事務の仕事なんて、どこでも同じじゃないの?そう思ったあなた、一般事務と医療事務はこんなところが違うんです。

そもそも、一般事務の仕事といえば書類の管理や電話応対、受付といったものが主ですが、この書類がカルテに変わっただけで、どちらも事務的な仕事をすることに変わりはありません。ですが、医療事務にはちょっと特殊な業務があります。それが「レセプト」です。医療事務は、初診料や再診料といった診察料、検査や薬の値段を点数として計算して保険機関へ提出するための書類を作成したり、誰にでもわかるような明細書にして患者さんの会計をしなければななりません。レセプト業務では専門的な知識が必要となり、専門知識なくしては勤まりません。

ですが、医療事務も一般事務同様、資格を取得していなくても就くことができます。資格がなければ働けないというわけではなく、レセプト業務に必要な知識を身につけていれば仕事をすることはできますが、やはり資格を持っている方が就職には有利ですし、さらに経験が伴っていれば確実です。医療事務の現場では、即戦力となる人材を求める傾向が強く「未経験者歓迎、初心者でも一から教えます」というタイプの職場はあまりありません。

ただし、給与は一般事務も医療事務もあまり違いがなく、正社員で~20万円ほど、パートであれば時給にして1000円前後のようです。専門的な知識を必要としている仕事のわりには安いと思われたかもしれませんが、医療事務という仕事のメリットは別のところにあります。なんといっても勤務時間の融通が利くこと、これにより小さな子どもを持つ女性にとっては、非常に働きやすい職場といえるでしょう。午前、または午後だけといった短時間の勤務や、夕方や夜間のみといった、自分に都合のいい時間帯を選んで仕事をすることができます。また、復職がしやすく、年齢に関係なく安定した雇用が全国にあることも利点です。医療機関のかけもちも可能で、医療事務のメリットは給与以外の面で大変充実しています。

それでは、医療事務の職に就くためには一体どうすればいいのでしょうか。医療事務スタッフになるために資格は必須ではありませんが、レセプト業務をこなすための専門知識は絶対に必要です。学ぶ方法にはいくつかあり、自分で購入したテキストを使って自宅などで勉強することもできますが、通信講座や専門学校といった方法もあり、自身にあったものを選択するといいでしょう。医療事務の資格は民間資格で、国家試験とは異なり、たくさんの種類が存在します。初めて挑戦するなら医療事務管理士の試験がおすすめです。メディカルクラーク検定のようなものは非常に難しく、初めて挑むのであればあまり向いていません。逆に、もっと容易に資格取得できるようなものもいくつかありますが、これらは難易度が低すぎるため就職につながりにくいという難点があります。国家資格と違い、難易度や需要を考慮して選ぶことができるのが民間資格のいい点ではありますが、医療事務についてはなんと50種類以上の資格が存在するといわれています。あなたも、自分の目的に合った医療事務の資格を見つけ、是非挑戦してみてください。