薬局事務と医療事務の違いについて

ほとんど知られていない、薬局事務と医療事務の違いって?

安定した職業として人気のある医療事務ですが、あなたはその業務内容をご存知でしょうか。また、あちこちで見かけるようになった薬局事務とは何が違うのでしょうか。

そもそも薬局事務とは、調剤薬局で働く事務員のことで、薬代の計算やその明細を作成する仕事です。この明細をレセプトといい、このレセプトの作成が主な業務で、対象となるのは薬剤のみとなります。その他に、処方箋や健康保険証の確認、カルテのような書類の管理や会計を行い、場合によっては薬剤師のサポートをすることもあり、基本的には外来患者の相手をするのが仕事です。

医療事務とは、病院やクリニックなどで働く事務員のことで、診察、検査、薬などといった治療内容の全てに関わるものを対象としてレセプトを作成します。また、病院の受付や電話応対、カルテ管理や会計を行い、場合によっては医師や看護師のサポート、清掃のような雑用を行うこともあるのです。基本的には、外来患者や入院患者の相手をするのが仕事となります。

医療事務に比べ、薬局事務は薬剤のことだけを学習すればいいので、医療事務よりも難易度が低いといわれています。そのため、いきなり医療事務を目指すのではなく、まずは薬局事務の資格を取得してから…といった方もいるので、不安であればこちらから始めてみるのもいいでしょう。ただし、カルテの内容から情報を読み取る医療事務に比べ、処方箋の記載内容だけで薬剤の情報を読み取らなければならない薬局事務も、決して楽な仕事というわけではありません。

職場が全国のあちこちにあり、自分の条件に合わせて選びやすいこと、結婚や出産などで仕事を離れることになった後も復職がしやすいといった理由により、女性に特にオススメの職ではありますが、更に嬉しいのは資格が比較的簡単で、すぐに取得できるという点ではないでしょうか。費用も比較的安く済みます。

どちらの仕事も専門知識は必須ですが、実は資格は持っていなくても働くことはできるのです。ですが、資格を持っていることは就職でも有利になりますから、メリットを考えれば取っておいても損はありません。同じ条件であれば、資格を持っていない人と持っている人、どちらを採用するか考えてみてください。そういった時、この資格はあなたのことを助けてくれるかもしれません。また、資格取得後は、なるべく早く実務経験を積んでおきましょう。これは、資格の有無よりも実務経験の求められる職であることがその理由で、資格がなくても経験があるという場合は採用されやすくなります。

薬局事務講座、医療事務講座ともに、教育訓練給付制度の対象となっておりますので、講座が終了した後、学費の20%が戻ってきます。講座を申し込んだ時点で、雇用保険の加入期間が通産で3年以上で、なおかつ空白の期間が1年以内であることが求められます。もしくは、初回であれば通産で1年以上、または退職日から1年以内であれば受給は可能です。雇用保険の加入状況はハローワークで直接問い合わせてみてください。