ハローワークの医療事務講座について

ハローワークから始めたいメディカルクラーク講座への道

最近、人気の高いメディカルクラークの資格を取得するための講座ですが、無料で受講できる方法があるのをあなたはご存知でしょうか。人気の理由は、多くの人に安定した職であるという印象を与えるからかもしれません。多くの仕事の離職率が高い中、比較的離職率の低い職業ではあります。そんなメディカルクラークの資格取得講座を、条件に合致すれば無料で受けられる可能性があるのです。

その条件とは、無職であること。例え僅かでも仕事をしているなら、対象とはなりません。というのも、これはハローワークによる支援を目的としたものであるからです。講座は2種類あり、雇用保険の受給資格を持っていない人と、そうでない人とに分かれます。前者は求職者支援の講座、後者は公共職業訓練の講座を受けることになり、選ぶことができるわけではありませんので注意が必要です。また、自治体によりますが、テキスト代を負担する必要があります。授業料は無料ではありますが、テキスト代が1万~3万円程度かかるのですが、このように違いがあるのは民間の学校が講座を委託されているからで、それぞれの自治体で異なってくるのです。そのテキストの中身も様々で、希望したような内容ではない可能性もあります。

肝心の募集についてですが、自治体ごとに異なっており、一斉に募集が開始されるわけではなくその募集人数もまちまちです。講座を委託されている民間の学校も、有料での申し込みをしている生徒も同時に存在するために、有料受講者が多ければ募集人数は減ってしまいます。勿論、競争倍率も高く、決して簡単なことではありませんが無料で講座が受講できるのは魅力的ですよね。応募者は、民間の学校が行う面談を受ける必要があり、その際の情報を頼りに無料受講者を決めることになっているので、そういった場でご自身の熱意や将来へのビジョンについてしっかり伝えていくのも大切なのではないでしょうか。競争倍率が高いとはいっても、ゼロに近い数字ではありません。また、その可能性は毎年どんどん上がっているといわれているわけですから、無理な話というわけではないのです。

最後に、ハローワークを通して資格を取得したからといって、決して就職で有利になるということではないということは忘れないようにしてください。ハローワークは、あくまで求職を支援するだけですので、就職できる保障があるというものではありません。求職活動を支えてくれるというのが、この支援の目的なのですから。そのため、ハローワーク以外での講座受講が不利であるということにはなりません。

ただし、メディカルクラークになるための医療事務講座は教育訓練給付制度の対象となっているため、講座が終われば、その費用の20%をハローワークから支給してもらうことができます。受講時期や募集人数に制限のある無料受講枠を狙うことが難しいといったような人は、こちらを考えるのもいいかもしれません。有料の講座に申し込みをした時点で、雇用保険への通算の加入期間が3年以上、もしくは退職した日から1年以内でなければなりませんが、初回であれば雇用保険への通算の加入期間が1年以上でもOKです。詳しくは、ハローワークに問い合わせてみてください。