医療事務のになるための志望動機の書き方

未経験でもメディカルクラークになるための動機を書く方法

メディカルクラークの求人に応募をしても、なかなか採用されない…。そんな人は多いのではないでしょうか。医療事務の資格は持っているのになぜなのでしょうか?実は、メディカルクラークとして働くために、必ずしも資格は必要ではないのです。資格を持っていなくても、経験があれば非常に有利であるといえるでしょう。

もしあなたが未経験でメディカルクラークを目指すのであれば、派遣会社を通して応募をするのも一つの手です。アルバイトや派遣であれば、未経験者を採用しているところもあります。正社員として働くのは難しくても、まずはアルバイトで経験を積み、その経歴を元に正社員の働き口を探す方が確実かもしれません。また、勤務地や時給といった条件のいい職場は、競争率も高くなりがちです。未経験でもメディカルクラークになるためには、こういった条件を見て、あまり需要のなさそうな応募を選ぶという方法もあります。他には、土日の出勤や残業といった、多くの人に敬遠されがちな内容をアピールするのもいいでしょう。以前に事務職の経験や、接客業での経験があればそれをアピールするのもいいかもしれません。

さて、それでは一体どのような志望動機を書けばいいのでしょうか。まず、どうしてその病院を選んだのかをはっきりと明記することが大切です。以前からその病院によく通っていれば、そういった内容をアピールするのは難しくないかもしれませんが、全く知らない病院であれば何と書いていいのかわからなくなるかもしれませんね。その場合、実際に病院を見学してみてはどうでしょうか。病院の雰囲気や特徴が見えてくれば、志望動機を書きやすくなるということもあります。また、ホームページなどで病院の設備やセールスポイントを把握し、志望動機に生かしていくことも大切です。例えば、最先端の医療機器についてや、患者と看護師や医師との関係性の素晴らしさといった部分に強く感銘した旨を記入してみましょう。逆に、自宅から近い、通いやすいといった志望動機は敬遠される傾向があります。近ければどこの病院でも構わないという印象を受け、なぜその病院で働きたいのかといった理由が伝わりにくいからです。次に、自分が実際に働いた場合には、病院にとってどのようなメリットがあるのかを精一杯アピールしていきましょう。あなたが将来にどのようなビジョンを持っているかを示していくのも大切です。例えば、人と接する仕事の経験がある、やりがいを感じるといった内容とその理由、自分の過去の経験による体験談をわかりやすく書くのも効果があります。また、メディカルクラークという職業を通じての患者さんとの関わり方や、よりよい関係を築くための具体的な方法など、曖昧にならないようにしっかり明記していきましょう。

最後に、あなた自身の誇れる部分をアピールしてください。努力を怠らない、人と衝突しない穏やかな性格である、周りを和ませる特技を持っているといったもので、病院が思わずあなたのことを採用したくなるようなポイントを前面に押し出していきます。あなたが病院の採用担当であれば、どんな人を雇いたいかを常に念頭に置き、志望動機を考えるようにしましょう。