医療事務の残業について

医療クラークの残業について、みんなが知りたいこと

実際に残業がある仕事なのか?まずは気になりますよね。残業が多い、辛い、大変、難しい、激務といった内容を耳にしたことがある方もいらっしゃるかもしれません。気になる皆さんのために、医療クラークの1日のスケジュールをご紹介しましょう!

医療クラークは朝の早い仕事です。午前中の受付開始時間が9時前後だったとしても、その前に清掃をしたり、会計の準備や朝礼などが必要となれば、早い人では7時に出勤なんてことも…。特に新人であれば、清掃などの雑用を任せられる場合もあります。こういったことを、7時~8時の間に済ませるのが朝の最初の仕事です。

医療クラークの主なお仕事は、受付、会計、レセプトといったもので、これはほぼどの病院でも変わらないでしょう。8時~9時までには朝礼を済ませて、病院の受付が開始します。そして、ここから12時までの間に受付や会計、レセプトといった業務を行うことになるわけですが、残業に関わってくるのはこのレセプトの作成です。

12時~13時は交代でランチの時間を取ることになります。それから、今度は午後の診療が始まるのです。引き続き、受付、会計、レセプトの作成を行いますが、夕方になるとカルテの整理などを始め、片付け作業に入ります。そして、17時~18時頃には精算を行いレジを閉めるわけです。清掃などもして、ここまでで通常の業務は全て終了します。ここから先は、前述のレセプト業務により残業は必須です。終業より前の時間で締め切ることはできませんから、終業間際に発生した案件によりどうしても残業をしなければいけなくなります。特に、レセプト期間といわれる時期には非常に忙しくなります。

レセプトとは患者1人につき、月に1枚作成する明細書のことで、病院はこれを健康保険組合などに提出しなければなりません。毎月10日が締め切りとなっており、前月のレセプトを作成し、提出を行うことで病院は収入を得ています。そのため、月末から翌月10日までに終わらせなる必要があるのです。レセプトを作成する際、病名をつけなければなりませんが、医療クラークはこれを行うことができませんので、そのようなカルテが出てきた場合には医師に病名をつけてもらうよう依頼しなければなりません。また、レセプトに間違いが見つかれば、健康保険組合などから戻されてしまうため、ミスが許されない業務です。レセプトが戻ってきてしまった場合には、当然病院には報酬が支払われません。レセプトコンピュータの普及により作業負担は軽減されましたが、レセプト期間であっても診療は普通に行われているわけですから、通常の業務に加え、更にレセプト作業を追加で行うこととなります。大きな病院であればあるほどレセプトの数は増え、大変な作業となりますが、歯科の場合は外部に委託をしている場合がほとんどですので、科によってはレセプトによる残業はありません。また、就業形態が派遣であれば、残業をしなくてよい可能性もあります。小さな子供がいるなど、あまり時間が自由にならないという方は、派遣での就業を検討するという手もあるのではないでしょうか。

このように、なかなか大変なお仕事ではありますが、年末年始やゴールデンウィークといった祝日や、日曜日に確実にお休みを取れる可能性の高い、魅力的な職種であるともいえます。また、患者さんとのやり取りの中で、やりがいを感じることも多々あることでしょう。医療クラークは思いやりがあって、誰かの役に立ちたいという方にはうってつけのお仕事かもしれませんよ。