医療事務の仕事に就く方法

医療事務管理士を目指したい!医療事務のハテナを今すぐ解決する方法

病院の中のあらゆる場所で活躍するのが医療事務管理士です。あなたが病院に行ったことがあるなら、おそらくお世話になったことがあるはずですが、どんな仕事かご存知でしょうか。今回は医療事務管理士を目指したいと思った時、必要になることをいくつかまとめてみました。

医療事務管理士とは、診察の受付や会計、カルテの管理といった仕事をする人のことです。患者として病院に入った時、一番最初にお世話になっているのではないでしょうか。病院の顔ともいえる存在で、患者と接する機会が多いためコミュニケーション能力を求められる職業ですが、他にも専門的な知識で治療費を計算したり、カルテに書いてある内容を把握して管理をするという業務もあります。

受付業務では、診察券や保険証の確認、カルテの用意などを行います。カルテを取り出したり保管したり、その作業には正確さが求められるのです。また、カルテの内容から診療費の計算を行い、実際に会計などもすることになりますが、診療に関する様々な質問に答えるための知識が必要となります。クラーク業務では、患者や見舞い客との対応がありますが、直接話すだけではなく電話での対応が必要となることも多々あり、感じのよいやり取りを要求される大切な仕事です。医療事務といえば、1か月分の診療の請求書を作成するレセプト業務を、多くの方が真っ先に想像するかもしれません。これは、特に専門的な知識が求められる作業で、傷病名や処置方法、薬といった内容にも精通していなければならないのです。

医療事務管理士の魅力といえば、安定して雇用があることや、就業先が全国にたくさん存在することばかりではありません。何らかの理由で一旦辞めた後、復職するのに有利であること、自分のライフスタイルに合わせた選択をしやすいことが挙げられます。特に女性は、一生のうちで何度もライフスタイルが変化することが考えられるため、そのような場合に非常に向いている職業であるといえるでしょう。全国の病院で需要のある医療事務管理士は、フルタイムの他にも午前や夕方のみ、週2日などのシフト勤務といったように幅広い勤務形態を選ぶことができるのです。

活躍の場は病院の中だけではありません。調剤薬局や保険会社、健康診断を行う際や健康保険に関する業務、保険診療費の請求審査を代行するような機関での就業もあり、カルテを読み込んで診療費を計算するというスキルをあらゆる医療関係の職場で生かすことができます。

専門性が高いように見える医療事務管理士の資格ですが、資格の受験にあたっての条件は特になく、どのような人であっても受験は可能です。試験はマークシート形式の学科試験が10問、実技の3問となっており、合格率は50%程度といわれています。試験の内容はレセプトの作成や医療用語だけでなく、医療制度や公費負担制度についてや、診療報酬点数の計算、傷病や人体についての医学的知識といったものも含みます。

合格のコツは、とにかくレセプトをたくさん書くことです。カルテから必要なことを読み取れるようになるまでひたすら繰り返しましょう。過去の問題集や、受験対策について載っている資料が必要となります。自分でテキストを購入して勉強する方法の他にも、通信講座や専門学校など、あなたのやり方にあった学習方法を選択することが大切です。また、教材そのものにも合う合わないはありますので、学習しやすいテキストを選ぶのもいいでしょう。