色々な医療事務資格を取得する必要は無い

医療事務資格は一つ取得すれば十分!何種類も必要ありません。

医療事務資格は非常にたくさんの種類があり、新しいものも次々に出てきています。今後もたとえば介護分野での仕事が増えていく可能性があるので、業務の内容だけ資格も増えて行くことが予想されます。このため医療現場などへの就職や転職を考えているような場合には、いろいろと覚えなければならないことが多いと思い、様々な資格を取っておこうと考える人も多いのではないでしょうか。これは取ったけれどもこっちも必要かなと考えるわけです。

事務と医療事務の違い

そこで医療事務に本当に要求されることは何かを考えてみましょう。普通の会社を考えると本業以外の様々な事を行う人たちを事務職と言いますが、医療事務と言うのは医療機関の事務職です。では事務と医療事務との違いは何でしょうか。それは医療費の計算を行うレスプト業務の有無の違いです。これが無ければ事務と医療事務の違いはありません。普通の事務職には特に資格は必要ありません。そして本来医療事務にも資格は必要ないのです。

レセプト業務を勉強する

ですから医療事務と言うのはレセプト業務ができるかできないかが問われることになります。特に最近ではコンピューター化が進んでいますから診療内容を入力すれば自動的に計算されますから、それに間違いがないかどうかをチェックさえできれば良いことになります。したがって医療事務資格ではこのレセプト業務が学べれば良い筈なのです。そのほかと言うのは各職場でそこのやり方を身に着けるしかありません。これは一般企業でも同じです。

複数の資格は必要ない

医療事務の採用時最も考慮されるのは経験です。資格の有無はほとんど考慮されることはありません。机上でレセプト業務を学んでいるにしても実際に経験していた人には全くかないませんから当然です。したがって資格だけでは経験が積めない以上、何種類もの資格を取ったところで評価には繋がらないのです。一つ何らかの資格を取ったら、就職や転職活動に時間を使って、アルバイトでも良いですからとにかく経験を積むことを優先してください。

沢山の資格で何を勉強しているのか

では何のために沢山の資格があるのかと言う事になってしまいますが、資格のために通信教育などを1つでも受講すればわかりますが、レセプト業務のほかにもそれなりに医療の知識などを学びます。しかし職種は事務職な訳ですから、医療行為ができるわけではありませんし、はっきり言って必要なのか疑わしい知識なのです。もちろん勉強にはなりますが、それくらいであれば必要になった時に現場で学ぶべきものです。資格にする必要はありません。

就職・転職の武器と考えている場合

何かと戦う場合武器は多いほど心強いですが、医療事務資格は就職・転職の際の武器にはならないということを理解しておきましょう。運よく医療現場で働けるようになった時に、必要になる知識を先に勉強しておく程度と考えておく必要があります。したがって医療事務資格は1つ取っていれば十分なのです。日本人は資格に対して大きな信頼感を持っていますが、民間資格の場合には特に注意が必要だということを忘れてはいけません。