別の資格を含めて選択肢を広く考えよう

医療事務資格が本当に良いのでしょうか?広い視野で考えましょう

最近は経済が低迷して求人が減り、なかなか良い職業に巡り会えなかったり、リストラなどが進んで失業してしまうことも珍しくなくなってしまいました。このため注目を集めているのが資格です。とくに女性を中心にブームとなっているのが医療事務資格で、これさえ取っておけば就職・転職に困ることは無いというような根拠のない話を信じてしまって大勢に人が日々勉強しています。今もこの医療事務資格目指してまさに勉強を始めようとしている人がいるのではないでしょうか。

求人は少ない

このように医療事務資格さえ取っていれば以後は就職口に困ることは無いと考える人が量産されていくわけですが、実際には医療事務の求人と言うのはほとんど出回ってくることはありません。多くの求人は専門学校に来ますし、おもそも絶対数が資格取得者ほどあるわけではないのです。ですからすくなくともこれから医療事務資格を取得しようという人はこの現実を知ったうえで勉強を始めるかどうかを考えるようにしてほしいと思います。

資格取得は良いことです

就職や転職をする際に資格を持っているということが強力な武器になることは嘘ではありません。ただしそれは職種によります。医療事務は医療機関の事務職です。一般企業でいえば事務員と言うことになります。一般企業で事務員に資格を要求するでしょうか。医療機関でも同じなのです。医療事務を採用する際には実務経験は考慮されますが資格の有無は考慮されません。したがって資格を取る場合には希望する職種で正当に評価されるものを選ばなければなりません。

医療機関に就職したい場合

将来医療機関に就職したいのであれば医療機関で正当に評価される資格である医師や歯科医師、薬剤師、看護師などを目指すべきです。非常に苦労しますがそれがもっとも安定した求人に出会う方法です。医療機関に就職したいがそんな難しい資格は取れないという人が宣伝に乗って安定した求人だけを求めて安易に医療事務資格を取っても評価の対象にもならず利用もされず、求人も少ないため医療機関に就職できる可能性は極めて低いと考えておきましょう。

自分がしたいことは何か

世の中自分がしたいことができるほど甘くは無いと言われますが、よく考えてみてください、自分がしたいことを実現するために資格を取るのではないのでしょうか。なかなかしたいことができないからこそ他の人と差別化され採用に有利に働くように資格を取るのです。ですからまず必要なのは本当は自分が何をやりたいのかということをとことん考えることです。必要があれば小学校や中学校の時代までさかのぼって自分はどんな夢を持っていたのかと言うことを思い出してみましょう。

色々な資格がある

自分がやりたいことが見つかったら、その分野の資格を調べましょう。資格と言うものはたいへん多くの分野に存在していますからきっと見つかるはずです。そのなかからできれば法律によって定められたもの、それが無ければ公的機関が運営しているものあるいは民間資格でも世間一般によく知られているものから選ぶようにしましょう。こういうものは取得に時間がかかったり、大変難しかったりしますが、だからこそ意味があるのです。