医療事務での病棟勤務と在宅ワークについて

メディカルクラークするなら病院勤務?在宅ワーク?オススメはどっち

メディカルクラークの仕事が女性、特に小さな子どもをお持ちのお母さん方におすすめなのは、やはり働き方がいろいろ選びやすい、医療事務ならではの特徴がその理由なのではないでしょうか。アルバイトや正社員だけでなく派遣という方法もあり、残業をしてしっかり稼いだり、決まった時期や短時間だけ働いて、家庭と両立させるといったことも可能です。専門的な知識を必要とする、メディカルクラークという仕事の魅力の一つでもありますね。資格を取得して、まず考えるのがどこでどんな風に働くかということだと思いますが、そういった時に候補の一つとして上がってくるのが「在宅ワーク」という言葉なのではないでしょう。自宅で、しかも手が空いた時にできる在宅ワークという働き方は、小さな子どもを持つお母さんとっては本当に素晴らしい方法なのではないでしょうか。子どもを預けて働くのもお金がかかりますし、大変です。ですが、この在宅ワークにはおすすめできない理由があるんです…。

普通の事務職とは違い、専門的な知識を求められる医療事務という仕事は、給料が高く安定した職場の多い傾向があります。また、職場が病院なわけですから、決まった曜日や時間にきちんと休みをもらえるというのもあり、家庭を持った女性にとっては特に人気のある仕事です。資格を持っていることで就職に有利になったり、復職がしやすかったりと、仕事の幅も大きく広がります。すでにいくらか経験を積んでいるなら、レセプト期間と呼ばれる短期の間だけの臨時勤務での雇用の可能性もあるなど、なかなか家を空けていられない主婦やママにとって非常に便利な職場です。一般的に医療事務と呼ばれますが、最近はメディカルクラークや医療クラークなどとも呼ばれています。

そもそも、メディカルクラークの仕事とは、病院の受付や電話応対、カルテ管理や会計、レセプト作成などですが、このレセプト作成が医療事務の豊富な雇用形態に深く関わりがあります。メディカルクラークの在宅ワークといえば、このレセプト業務のことを指しているわけ

ですが、レセプト業務は在宅で行うことができない可能性が高いといえるでしょう。と、いうのも、レセプトに関連した業務は、保険元である医療機関の管理の下で行わなければならないと決められており、そのデータを持ち出すことはできないようになっています。そのため、レセプト業務が外部に委託されるということ自体があまり考えられないのです。在宅ワークの斡旋業者は禁止された、レセプトを家に持ち帰って行う在宅ワークの求人を行っているわけですから、もしかすると医療事務関連の資格教材の販売などを行うような業者である可能性があります。また、もし医療事務の在宅ワークが実際にあったとしても、あまり稼げないのでは意味がありませんよね。せっかく取った資格なのですから、それでは少々もったいないのではないでしょうか。

以上が、メディカルクラークとして働くのなら病院やクリニックなどの医療機関での勤務をおすすめする理由です。正社員での長時間、残業ありの勤務などができないのであれば、アルバイトや派遣といった勤務形態での就業も一つの手です。医療事務の資格は、実務経験さえあれば一生モノの資格です。メディカルクラークという仕事は、資格の有無よりは実際の経験を重視する即戦力型の職種となります。全国どこの医療機関であっても、レセプトの作成方法は変わりませんから、その点からいってもメディカルクラークは非常に役に立つ資格の一つです。せっかく勉強して取ったのであれば、まずは経験を積み、資格を長く活用できるように目指しましょう!