医療事務の仕事をするのに資格はいらない

医療クラークになるために資格はいらない?派遣から始める医療事務

医療事務を目指す人は最近増えていますが、一般の事務職との違いをきちんと理解している人は案外少ないものです。医療事務とは医療クラークとも呼ばれている、病院やクリニックなどで働く事務職員のことですが、その業務は受付や電話応対、カルテの管理、診療代や薬の計算をして会計を行ったり、レセプトと呼ばれる請求書を月末までに作成するといったように、幅広い業務を受け持つ事務職となっています。計算ができることは勿論ですが、普通の計算ではなく、診療内容に関した専門用語の飛び交う中、明細書を作成しなければなりません。また、受付といえばやはり病院の顔なわけですから、患者さんとコミュニケーションの取れるスキルも要求されます。電話での応対についても、慣れないうちはなかなか難しいものです。小さなクリニックであれば、医師や看護師の助手のような仕事や、簡単な掃除などもこなさなければならない可能性があります。

専門的に見える医療クラークですが、実は資格を取得していなくても働くことができます。ただし、専門知識は必須です。資格試験を受けるのに特に条件はありませんから、専門知識を覚えるついでに資格を取ってしまうというのもアリですが、問題はいざその仕事に就く時で、人気のある職種ですから競争率も高くなっています。そのため、実務経験のある人が有利となりますが、逆に資格を持っていなくても実務経験があれば採用率は高くなります。年齢よりも、未経験という条件で苦戦することになるのが医療クラークの就活です。また、レセプトを作成する際にはパソコンを使用しますが、エクセルやワードが使える程度であれば特に問題はないでしょう。

医療クラークを目指すのであれば、あちこちの求人をたくさん受けていく必要がありますが、正社員にこだわらず、パートやアルバイトでも構わないのであれば、派遣会社に登録するというのも一つの手です。派遣会社の中には、看護師やヘルパー、医療クラークのような職を特に多く扱っているところもあります。そういったところを利用し、医療クラークとしての経験を積んでいくのもいいでしょう。

実際の、医療クラークのお仕事の流れをご説明しましょう。窓口業務では、医師と患者さんをつなぐ立場となり、必要な書類の作成や、情報を伝えることになるのです。例えば問診票を記入してもらったり、保険証や診察券といったものを取り扱います。他にも、あらゆる質問や要望に応えるといった必要もあり、対面での接客だけでなく電話での応対も求められます。具体的には、診察時間や曜日といった基本的な内容を案内したり、保険証を忘れた場合や、診察券の紛失、薬についての簡単な質問に答えるといったものです。待合室の環境について、要望を出してくる患者さんも現れるかもしれません。また、カルテを管理するのも大切な仕事です。患者さんの個人情報や保険証の情報を入力、書き写すなどして、再診の場合は以前作成したものを取り出してくることになりますが、保険証の情報を入力する際に誤りがあると後述のレセプトで不備が発生してしまいます。患者さんの診察が終わったら、レセプトコンピューターに情報を入力するのですが、請求書として印刷をするため月末に集計をするのです。専門的な知識が必要な作業となります。最後に、会計を行って患者さんからお金を受け取るわけですが、この際に病院によっては薬を渡す場合もあるので、処方内容と実際の処方薬とを確認しなければなりません。小さなクリニックとなると話は別ですが、大きな病院では窓口業務とレセプト業務を分けているようなことろもあります。