医療事務と介護事務の違いについて

あなたの疑問を解決、医療事務と介護事務の違いが今すぐわかる

あなたは、介護事務という仕事があるのを知っていますか?医療事務なら聞いたことあるけど…という方は多いかもしれません。この医療事務と介護事務という仕事、どこがどう違うのかをきちんと説明できる人は少ないものです。よく聞く職業名としては、この他に調剤薬局事務というものがあります。

それでは、介護事務と医療事務とでは、一体何がどのように違うのでしょうか。まず、介護事務は介護施設、医療事務は主に病院で働くことが多いため、職場が違います。また、難易度が違い、資格取得のために受講する講座の期間も異なることが多く、難易度の高い医療事務の方が受講期間も長い傾向があるのです。

肝心の仕事の内容ですが、お年寄りが介護のサービスを受けた際にかかる費用を計算するのが介護事務のお仕事です。介護施設では、かかった費用の1割をお年寄りが負担し、残りの9割を市町村などに請求することになります。そのため、介護サービス費用の計算をする必要が出てくるのです。また、どのようなサービスをどの程度利用するのか、計画を立てるケアマネジャーという職業があるのですが、そういった現場の人たちとの連携でお年寄りを支えていくという役割もある重要なお仕事です。介護サービスについて、費用や計算方法だけではなくその内容やもたらす効果についてもしっかり学習し、知っておく必要のある業務が介護事務という職業になります。最近では、費用の面でもより詳しく介護サービスについて把握しておきたいというヘルパーさんが、この資格を取る例も増えてきているようです。

それに対し、病院の入り口での受付や問い合わせに対する電話での応対、カルテの管理や会計といった仕事をするのが医療事務です。患者だけでなく、見舞い客に対応することもあります。会計の際、診療費に関する質問などに答えるための知識も必要となり、正確にカルテの

入出庫を行わなければなりません。また、カルテを基に診療費や検査費、薬の代金を計算するのも大切な仕事です。患者の1か月分の請求書であるレセプトを作成し、国や健康保険組合に請求しなければなりません。この計算には専門的な知識が必要で、ただただ電卓で料金を算出するというものではないため、知識も経験も全く無い状態からいきなり医療事務の業務に就くことは難しいことであるといえるでしょう。

余談ですが、調剤薬局事務とはこの医療事務に少々似た業務内容で、薬の代金を計算、上記のレセプトを作成したり、受付や会計を行う職業で、文字通り調剤薬局で仕事をするものです。介護事務、医療事務、調剤薬局事務ともに資格を所持していなくても働くことはできますが、専門的な知識が必須となる業務内容ですので、テキストを購入したりするなど、何らかの方法で勉強をしておく必要があります。また、未経験可という求人もあるにはありますが、資格所持の有無よりも経験がものをいう世界です。逆にいえば、資格を持っていなくても、経験を積めば採用されやすい職場ということですから、ブランクがあっての復職にはもってこいの職種なのではないでしょうか。